「GET UP! 座りっぱなしが死を招く」
 新聞の書評欄から。
 記事は転載なので、次頁へ。(なぜ?)
続きを読む >>
カテゴリ:つれづれ雑記 | 23:27 | comments(2) | trackbacks(0)
「日々是好日」
 ブログタイトルを変更しました。
 アメリカの大統領も替わることですし、当ブログも気分一新…てことで。

カテゴリ:つれづれ雑記 | 14:25 | comments(0) | trackbacks(0)
一度染み付くと
 先日、新しいPCを購入した時に、一緒にキーボードとマウスも購入しました。
 ノートパソコンなのに、何故にキーボードとマウス?
 …と思われそうですが、自分なりの快適な操作環境が欲しいから、ですね。

IMG_0079.JPG

 キーボード、
 購入する際に「在庫が、ひらがな表記の無いものだけ」と言われ、
 「いいよ」とそれを購入したまでは良かったけれど、
 自宅へ戻ってから梱包を解いてみたら、JIS配列じゃなくてASCII配列のキーボードだったので、若干困惑。
 対応してくれた店員に言いたい、「説明するポイントが違うんじゃねえの?」…と。
 まあ、それはそれとして、
 ぺたんこ度も増して使いづらかったので、入っていた箱を利用してひと工夫。
 配列は、慣れの問題なので、なんとかなるかと。

 世間の流れに合わそうとすれば、生き方を少々捻じ曲げなければならぬ。自分流を貫こうとすれば、選択肢が少なくなる。とかくに人の世は住みにくい。笑。
 小さなこだわりを捨て、新しい環境にチャレンジすることを厭わなければ、日々を楽しく過ごせるのだろうが。

 明日から、家訓に、
 「変幻自在に生きるべし」
 …を加えようかな。

カテゴリ:つれづれ雑記 | 11:08 | comments(4) | trackbacks(0)
執着心が自分を不自由にする
 特段に取り上げる話題も無いけれど、雑用に追われる日々です。

【iPhoneフリーズ】
 メールやメッセージのやり取り程度に使っていて、電話としては全く使用していなかったのですが、いざフリーズしてみたら、あれやこれやで、思っていた以上に依存していたことに驚く。
 docomoの販売店で綺麗なおネーさんに、リスタートの仕方やら、バックアップの仕方やらを教えてもらい、なんとか復活。

【New PC】
 現在使用中のPCが購入から3年を経過し、突然死する前に…と、三日前に新しいノートパソコンを購入しました。
 しかし不思議なことに、いまいち気が浮かない。
 新しいパソコン導入時には、いつもこう。
 セットアップが面倒だったり、新しいOSに馴染めなかったり、自分の志向とは全く別方向への改変にイライラしたりするからなのだろう。しかしこればかりはクリアしてゆく他無い。
 近年で最も残念だったのは、長年愛用していたサードパーティーのキーボードが使えなくなってしまったこと。囲い込みも切り捨ても仕方ないことだとは思うが、ちょっとくらい多様な選択肢を与えてくれてもバチは当たるまいに。

 その他…、
 婆さんの世話にも、子供達の世話にも、手を焼いておりまする。
 断捨離を実行中。
 今年中に、自分の所有物を半分にする予定。
 翌年は、そのまた半分を処分。
 毎年それを繰り返しながら、最後にはほぼ裸で死ぬ予定。

カテゴリ:つれづれ雑記 | 10:51 | comments(0) | trackbacks(0)
おされなごはんはハードルが高すぎて
 新聞の付録についてくるタブロイド判の情報誌に、乗っていたのが「ヒメマスの炊き込みごはん」という超おされなごはんのレシピ。
 画像を載せようと思ったが、色々面倒なので、省略。
 そのおされなごはんは、見た目も鮮やかでとても美味しそうなのだけれど、一体これどんな人が作るの?…てくらいハードルが高そうな料理に思えたの。
 チャレンジする前に記事を見ただけで諦めちゃうような人間があれこれ批評するのは申し訳ないんだけど、作ってみようという気持ちが1ミリも起きなかった。
 ハイセンスな奥様とかは、こんな料理をサクッとつくっちゃうのかしら。

カテゴリ:つれづれ雑記 | 07:11 | comments(0) | trackbacks(0)
新聞の訃報に恩師の名が…
 ボクの小学校3・4年生時の担任の先生。
 とても可愛がってくれた大好きな先生。
 小学校を卒業してからは、一度もお会いしたことはなかったけれど、我が家には何度かいらっしゃったようで、来るたびにボクのことを「俺の息子」と言ってくださってたそうな。

 精一杯生きてきた自分の人生に悔いはないけれど、唯一、先生のことを思うと、華々しく社会で活躍する姿を見ていただきたかった思いもある。
 世界で一番好きな先生。
 これからもボクを、見守っていてください。

カテゴリ:つれづれ雑記 | 07:37 | comments(0) | trackbacks(0)
ネットで見かけた「避難所へ持って行くものリスト」
 先月、九州で大きな地震があった。
 被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。そして、皆様が一日も早く元の生活を取り戻されますよう、お祈りいたします。

 地震についての様々な情報が入り乱れる中、ネット上に、避難する場合に避難所へ持って行くものリストなどがアップされていたので、自分のメモ代わりに記載しておこうと思う。

 掲載されていた品目:
 携帯ラジオ、懐中電灯、乾電池、充電器、非常食、水、コップ、タオル、衣類、上着、紙おむつ、応急医療品、常備薬、歯磨きセット、毛布、ヘルメット、ライター、缶切り、ナイフ、ろうそく、メガネ、コンタクト、マスク、現金、預金通帳、保険証、スマホ、携帯電話、割り箸、スプーン、
 …等であった。

 非常時の持ち出し品は、災害の種類や状況の違いによっても大きく変わってくるから、ただ単にリストを作ってそれを持ち出せば良し…とするワケにもいかないだろう。
 できるだけ身軽にしたいので、所持品を必要最小限にするのはもちろんのことだが、あらかじめリストを作って心の備えをしておくことは、普段の自分の生活を見直すことにもつながると思うので、年に一度くらいはリストを見直したり、非常食などの点検を行いたいものである。

 上記リストには、避難所側で用意しておいた方が良いようなものもあるし、人によって使うものは違うワケだから、各々が自分に必要なものを準備すれば良いと思う。

 自分の場合だったら、不要なものは「ラジオ、懐中電灯、コップ、紙おむつ、ライター、缶切り、ナイフ、ろうそく、コンタクト、マスク、割り箸、スプーン、など。
 別のもので代用するのが、乾電池→充電池、タオル→手拭い、ヘルメット→帽子。
 付け加えたいものは、避難所と公衆電話の位置図、軍手、ビニール袋、レジ袋、小座布団、ポケットティッシュ。さらに可能であれば、ダンボール、膝がけ毛布、文庫本。

 現在の自分の状況で、89歳の母の分のリストも用意しなくてはいけないということを考えると、小さなお子様などおられる方は、ほんとうに大変だと思う。
 備えあれば憂いなし…という言葉を胸に、頑張りたいですね。

カテゴリ:つれづれ雑記 | 23:23 | comments(0) | trackbacks(0)
| 1/135PAGES | >>