「書の至宝〜日本と中国」展
 先週の金曜日に、上野の東京国立博物館へ行ってきました。
 目的は「書の至宝〜日本と中国」という特別展です。
 まあ何たって「伝・聖徳太子の書」なんて、これを逃したら、まず見る機会は無いでしょうから。
 “伝”…だから、実際のところは分からないですが…。
 
 博物館に入ってみて驚きました。
 もの凄い混雑ぶり。
 入場制限されてまして、整理券を渡されて、特別展の展示館へ入るのに1時間近くも待たされました。
 客は年寄りばっかり。オイラもだけど(笑)
 で、どの展示品も、もの凄い人だかりで、観るどころじゃないの(笑)
 休憩用の椅子も、空いてる席を探すのも難しいほどぎっしり。まるで、病院の待合室みたいに、お年寄りばっかり。
 書の展覧会だからね、さもありなんですわ。

 ちょっと、今時のお年寄りは…とか、言ってみる(笑)
 展示品の前から動かない…気持は判るけど、後がつかえてんだってば。
 解説がうるさい…一緒に来た人に説明してるんだろうけど、はっきり言ってやかましい。結構、多かった。
 女性が多かったのには、少々驚いた。
 もっとも、オイラの昔の書の先生も、今の書の先生も女性だから、不思議はないとも言えるな。

 しかし、書の教科書でおなじみの作品を見ると、やっぱり感激でした。
 疲れたけど、目の保養になりました。
 それと、現物を観ることで、書籍では分からないものも見えるんですね。
 筆の微妙なタッチとか、字の大きさ、周囲とのバランスとか。

 やっぱり本阿弥光悦の書、好きだなあ。
 あの洒脱な感じが、たまりません。
 書にも性格が出るんだろうな、オイラにゃ真似できん。だって、洒脱じゃないもん。野暮天だもん。
 脱野暮天…も難しそうだから、このまま行きます。

 あ、それと…、
 東京へ行くといつも思うんだけど、ホームレスが多い。
 上野の公園では、炊き出しって言うんだろうか、食事を配っていたようで、物凄い数のホームレスがいた。数百人?
 博物館へ来ている人と、対照的なこの図。
 この国、なんとかしないと、いけないと思う。
 それとも諦める?
 知らん顔?
 自分には関係無い?
 弱者は切り捨て?
 あの人たちだって、俺たちと同じ人間なんですよね。
 好き好んでホームレスになったワケでもないだろうに…。
 あの寒空に、何を思っているんだろう。

 色々なイベントであちこち行く度に、ちょっと悲しい気持になる。

カテゴリ:青いお空の白い雲 | 10:23 | comments(0) | trackbacks(1)
自由・平等なんて、ウソっぱち
国家の品格
国家の品格
藤原 正彦

 先週末の新聞のコラムに著者のインタビュー記事が載っていて、ちょっと興味が湧いたので、本の内容をチェックしてみようと思って、ネットショップのサイトを見て驚いた。
 なんと、カスタマーレビューが“106件”(2/20現在)もあったのです。
 この手の本は、論評したくなっちゃうのかしら。

 新聞に紹介されていた内容によると…、

「論理よりも日本古来の情緒や形が大切」
「自由や平等、民主主義は西欧が作り上げた『フィクション』」
「武士道精神により国家の品格を取り戻すべき」

 …なのだそうです。

 一応、読んでみたいので、注文しました。
 ちょっと楽しみにしています。
 どちらかと言うとオイラも「民主主義クソ喰らえ」、「自由・平等なんて、ウソっぱち」って“派”なので。

 皆、自由とか平等とか、本当に信じてるのかな?
 オイラは全然信じてません。

 具体的な話になると、話が込み入っちゃうので止めておきますけど、実際に自分が「自由が制限されたり、不平等な立場におかれる」という状況にならければ、実感としては分からないことだと思います。
 他人様に、「これこれ、こうだよ」と説明したところで、「ああ、そうなの」で終わっちゃう。
 だって、その人にとっちゃ、どうでもイイことだもの。

「私はそうじゃない」って言い切れる人いるのかな?
 オイラは言えない。
 だって、オイラも他の人と似たようなものだから。
 ただ、そういうことを忘れないようにしたいとは思っています。

カテゴリ:青いお空の白い雲 | 10:16 | comments(0) | trackbacks(0)
春の足音


 …で、葉書です(笑)。

 いや、本当は、今日はお出かけする予定だったんですよ。
 東京は上野の東京国立博物館で行われている、特別展「書の至宝――日本と中国」(19日まで)を観に行きたかったのですが、
 ちょっと体調が良くなかったのと、昨夜からずっと降り続いている雨で、出かける気が失せちまいました。

 古今の名筆家の書が拝めるチャンスなのですが…、
 もう二度とお目にかかれない書もあるとは思うのですが…、
 特に中国のはね…、あっちまでは行けないし…。
 会期は残すところあと三日。
 行くとしたら、明日(17日・金)が、ラストチャンスだな。
 土日の混雑する時ってのは、苦手なので、
 明日、雨が降りませんように……。

 そんなワケで、今日は大量に時間が余った(笑)
 で、何日かぶりでの更新です。
続きを読む >>
カテゴリ:青いお空の白い雲 | 10:09 | comments(0) | trackbacks(0)
今泣いた烏が…
 もう笑っちゃった。
 なんと、不孝な日々が一転して、今日はなぜか嬉しいことが色々あったよ。
 人間、悪いことばっかは続かないんだね。
 それが分かって、ホント嬉しい。
 でも、それが何かは、恥ずかしくて言えない。。。
 ダメだなあ、俺。
 少しも成長しなくて…。

 ま、それでも、良いことあるんだから、イイや(笑)

カテゴリ:青いお空の白い雲 | 10:07 | comments(0) | trackbacks(0)
トラブル多発警報発令中
 どうしてだろうか、最近、オイラの周りに、トラブルが多発中です。
 先日、PCのトラブルで、ファイルをスポイルしちゃってグッタリしたのを皮切りに、
 昨日の夕方には、自宅の二階への階段で、満タン(約2リットル)に水の入ったピッチャーをひっくり返してしまい、階段から1階の床まで水浸しにする始末。
 この寒い時期に、突然電気こたつまで壊れまして、押せども引けども蹴飛ばせども、ウンもスンも無い状態だし…。
 今朝は今朝で、包丁を足の上に落し損ねるし…。
 危うく怪我からは免れましたが、本気でゾクッとしてしまいました。

 ヤバいよね。
 こういう時、間が悪いと、とんでもないことになったりするんだよね。
 バイオリズムが低下しちゃっているのかなあ?
 気をつけようっと。

カテゴリ:青いお空の白い雲 | 10:03 | comments(0) | trackbacks(0)
アクリルたわし
アクリルたわし

 こんなタイトルにすると、検索サイトから沢山の人が来ちゃったりして、結局、中身の薄さにがっかりするんだろうなあ…。
 ゴメンね、薄っぺらな記事で。

 久々に自前の写真です。
 さて、これは何でしょう?…って、タイトルに書いちゃってるので、問題にもなりませんが、そうです、アクリルたわしです。
 使っていらっしゃる方も多いと思います。
 その名の通り、アクリルの毛糸で編んだ“たわし”です。

 私は使うの初めてです。
 これ使うと洗剤を使わなくても奇麗に食器の汚れが落せる…のだとか。
 もっとも、私はこれまでも、食器を洗うときに、ほとんど洗剤は使っていなかったので、とりたててどうってコトも無いのですが…。
 ま、気分だけでも、先取り奥様ならぬ、先取りオヤジを気取ってみました。

 普段は、「パームたわし」を使っています。
 そう、あのヤシの実の内側の繊維で作った、茶色いヤツね。
 で、調理器具も食器も、なるべく汚さないようにして、そして、すぐ洗うように心掛けています。
 鉄は熱いうちに打て…ってのと同じで、食器も使ってすぐに洗えば、汚れも簡単に早くおちるので、なるべくそうしています。

 パームたわしで、ガガッと洗って、スポンジたわしでグリグリやって、すすいで、水切って、拭いておしまい。
 そのスポンジたわしの行程が、今回、アクリルたわしに代わったというワケです。

 大体、パームたわしの段階で、汚れはほとんど落ちちゃうんですよね。
 だから、実際には、スポンジたわしの工程ってのは、半分は気休めに近い「念のため工程」のようなものです。
 だから、スポンジたわしもなかなか痛まなくて、今使っているものもすでに4年目。この8年間に2個使ったうちの2個目で、もうそろそろ寿命かな?って時期だったので、丁度良かったかも知んない。
 普通の家庭ではどの程度のペースで新品と交換してるのかしら?

 料理に油をほとんど使わない…ってのも、汚れが少ない原因なのだと思う。
 和食でも、肉ジャガとか金平ゴボウなど、料理本によると「油で炒めてから煮る」ように書いてあるけど、昔はそんな風には調理してなかったみたいなので、私は、昔風に作ってます。
 油で炒める工程の無い、普通に煮て作るやり方です。
 これだと、「洗うのが楽」ってばかりじゃなくて、太り過ぎを心配することも少なくなるでしょ?
 穀物類なんかにも脂分は含まれているんだし、普通の動物はそれで十分油分を補っているんだから、それ以上に油を使うのは、やっぱり多すぎるんじゃないか?って、思うのね。

 あと、ちょっと話はズレるけど、料理の時ね、米洗わない…、ジャガイモもニンジンも皮剥かない…、大根の葉っぱもキャベツの芯も白菜の芯も刻んで食べる…、そんなところからも、エコってますよ。
 先ずは何でも実践からですものね。

 アクリルたわし使っての感想は…、それほど特筆すべきことも無いのですが…、グラスなんかを洗うときにはスポンジたわし以上にきれいになっていると思います。
 これ使っていると、グラスがいつまでも輝きを失わないと聞きました。
 欠点を挙げるとすれば、深いコップを洗う時、底のほうまでなかなか手がとどかない点でしょうか。ヘナヘナ…なので。

カテゴリ:青いお空の白い雲 | 09:10 | comments(0) | trackbacks(0)
備えあれば憂い無し
 昨日スポイルしちゃった原稿の約80%のところまで作成しました。
 気分的には立ち直っている筈なのに、感覚的に拒否っちゃうので、とても疲れてしまい、とうとう今日まで持ち越してしまった。
 今日は、午前中の気力体力のあるうちに、疲れる部分だけは終わらせたい。

 で、今朝、久々にパソコンのリスタートをしました。
 使い始めた時点で、すでに調子が悪かったので…。
 ずっと電源入れっ放しで使ってたのね。いつ以来だったか覚えてないくらい前から(笑)
 普段は、1週間くらいで落すこともあるし、一ヶ月くらい入れっ放しのこともあるし、色々です。今回は2週間くらいだったかしら?(笑)

 どうもこの数日“FEP”が不安定だったんですよ。
 入力を受け付けない時があったり…、その兆候が見られた時点でさっさとリスタートさせてれば良かったのに、甘く見ちゃったんだね。

 そういえば、この所の使い方はかなりハードだったもの。
 一日十数時間の操作、キーボード叩き通し、ネットはつなぎっ放し、電源入れっ放し、ファイルを作ったり、消したり、コピーしたり、転送したり、あれしたり、これしたり、……。

 人間、時々風呂に入ったり寝たりすることが必要なように、パソコンも時々休ませないといけないな…と、反省しました。

 システムへの過信も禁物ですな。
 災難は忘れた頃にやってくる…ってことを、忘れてました(笑)

 残り20%、気が重いけど、とりかかります。

カテゴリ:青いお空の白い雲 | 09:06 | comments(0) | trackbacks(0)
| 1/34PAGES | >>