<< 雨の新小岩駅 | main | ふるさと絆情報ステーション >>
プレナスチャレンジリーグ第2節
 4/15(日)、ユアテックスタジアム仙台にて、2年ぶりに女子サッカーを観戦してきました。

 大震災と原発事故の影響で、活動停止してしまったマリーゼを、ベガルタ仙台が下部組織の女子チームとして受け入れ、ベガルタ仙台レディースとして再出発することになりました。
 今シーズンは、なでしこリーグの一つ下のカテゴリーである「プレナスチャレンジリーグ」で戦い、上位2チームに与えられる入れ替え戦への出場権獲得を目指します。

ユアテックスタジアム

 この日は、今シーズン初のホームゲームでした。
 約6500人の観客の見守る中、キックオフ。

 ややフラストレーションのたまる展開ながら、1−1の引き分けにて試合終了。
 今までとは環境も変わり、仕事とサッカーの両立は大変でしょうが、なんとか頑張って昇格を果たして欲しいものです。

カテゴリ:女子サッカー | 10:31 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://days.dice.oops.jp/trackback/1613167
トラックバック