<< 確かな一歩と思いたい | main | 春が来るのは嬉しいけれど >>
古女房と古畳は
 このところ、メインで使っていたパソコンが、具合が悪くなってきて、不自由きわまりないので、思い切って新しいノートパソコンを購入した。

 パソコンの使い始めは、ユーザ登録から始まって、何かと設定事項が多い。
 時間も結構かかる。
 パソコンには慣れているはずの自分でさえ途中で嫌になってくるのだから、慣れていない方のご苦労たるやいかばかりか…などと考えながら、なんとか設定を済ませた。

image.jpeg

 昨今は、どの業界も客の囲い込みに躍起だ。
 どっちを向いても、あの手この手で客を引っ張り込もうという策略が満ち満ちていて、へどが出そう。
 これが便利、あれが素敵…の押し売りばかり。
 結局、見た目や宣伝文句に騙されたり、ちょっと押されてあっさり寄り切られてしまう方が多いからなのだろう。

 スーパーの売り場や通路で、マスク姿で買い物をしているおいらに、しきにり試食を勧めるおばちゃんたちに悪気が無いのは重々承知だけれど、うっとうしいんだよね。
 稲垣早希ちゃんのバイト時代の苦労話なんかも知っているから、試食を断るのにも、ちょっぴり心が痛んじゃったりするわけさ。

 世の中、もっとスマートに生きられないものだろうか。
 押しの強い奴や、図々しい奴が天下を取るようになってしまったら、お終いだ。
 …などと、尖閣列島のニュースを見ながら、考えてしまいます。

 早く春が来ないかなぁ…。

カテゴリ:つれづれ雑記 | 18:15 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://days.dice.oops.jp/trackback/1613200
トラックバック