<< 朝焼け | main | 「へたも絵のうち」 >>
岩手県山田町へ
 先週末、岩手県の山田町を訪ねてきました。
 その一週間ほど前、とあるイベントの会場で、山田町の復興へ向けての活動をされている方とお会いしたのがきっかけです。
 その方には、来春にでも訪ねたい…とお話したのですが、どうせ行くなら早いうちが良いだろうと思い、日帰り弾丸ツアーを敢行いたしました。
 往復の交通に要した時間は約11時間、その半分以上が車の運転でした。

 道中、宮古湾の光景を撮影しました。

宮古湾

 防潮堤の上からは、きらきらと輝く静かな海の美しい光景が広がっていました。
 港の周りには、プレハブの建物や重機が目につきました。

 山田町では山田町観光物産館とっとを訪ねました。
 こちらは、とっと内に展示してあったジオラマです。

山田町ジオラマ

 震災で心に深い傷を負った子どもたちに、未来の町の姿を描くことで、立ち直る力を与えたいと、考えだされたプログラムです。
 ただ大人が子どもに与えるのではなく、子どもたちが自ら考えプランニングしたことを、大人がサポートする形でプロジェクトが進められているとのことです。
 いろいろと教えて下さった観光物産館のお姉さん、ありがとうございました。

 防潮堤の上から見た山田町の光景。

山田町

 眼下には見渡す限りに、町の残骸が広がっていました。
 大方のがれきは片付けられていましたが、よく目をこらすと、鍋釜や壊れたおもちゃなどがそこかしこに見受けられ、完全復興までにはまだまだほど遠いという印象でした。

 これから先、どう進展して行くのか見当もつきませんが、悲しみを乗り越えて、素敵な街が築かれて行く日を楽しみにしたいと思います。

 来春、また訪れたいな♪

カテゴリ:つれづれ雑記 | 17:44 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://days.dice.oops.jp/trackback/1613216
トラックバック