<< 「味 Dream Cuisine」 | main | 食品成分表 >>
医食同源
 こんな記事、誰が読むんだろう?…と思いつつ、アップします。
 ほぼ自分の記録用なので許してください。
 興味のない方はスルーでお願いします。

 画像は、私の朝食です。
 毎日ほぼ同じメニューです。
 (つい最近DLした ”Olli" というアプリで撮りました)



 内容は、左下から順は適当ですが…、

  • トマトジュース(無塩)+レモン果汁+酢、中にらっきょう+にんにく 楴司ガリ
  • えごま油
  • のむ大豆(皮まで丸々豆乳にしたもの)
  • ひきわり納豆(醤油無しで)、小梅漬
  • 海苔雑炊(ご飯、海苔、すりゴマ、刻みネギ)※白湯にて食す
  • ナッツ類(無塩)…アーモンド、くるみ、カシューナッツ、マカダミアナッツ等
  • ヨーグルト(プレーン)+ブルーベリー

 お察しかと思いますが、減塩食です。
 内容的に考慮している点は、外食などではなかなか摂れない物で自分の健康のために必要だと思われるものを、朝食で食べるようにしているところです。
 ひとつひとつ、自分なりの必要性を考慮して、メニューに加えています。

 食事には随分と気をつけているつもりですが、外食の時にはあまり深く考えず、その時々で食べたいものを選びます。一応制限無しですが、家庭では滅多に作らない物を選ぶことが多いです。

 夕食は私が調理して、それを家族で一緒に食べます。
 これも自分なりに考えた健康食を作っています。
 詳しいことは、また別の機会があれば、紹介したいですが、簡単に…、

 味噌汁は煮干しで出汁をとり、煮干しは出汁をとったあとも取り出さずに、そのまま具として食べる…とか、そういう感じですね。
 米は研ぎません、じゃがいも、ニンジン、大根など、皮をむかずに調理します。
 私には米を研ぐ理由がありません。ただ大切な栄養を捨てているようにしか思えないのです。
 基本的に、減塩食です。
 砂糖はほとんど使いません。1kgの砂糖を消費するのに何年もかかります。

 薄味の食事に慣れてくると、濃い味の物が食べられなくなります。
 外食時には、ステーキにソースかけない、焼き魚に醤油かけない、寿司や刺身にも醤油つけない、等の方法で減塩します。

 私は虚弱体質で、自分の健康に自信がありません。
 だから、少しでも食事で健康な体を作れればと思い、メニューや調理法を工夫しています。
 食に関しては、手抜き無し妥協無しです。
 ただ家族も一緒の食事なので、健康食と言えども、おいしく楽しく食べられるように、工夫をしています。
 そして料理内容やひとつひとつの食材に関して、どういう栄養があるかとか、どんな効果があるのかを、食べながら子供たちに説明をしたりもします。

 つい先日、子供たちが、学校の給食でも、ジャガイモや人参などは皮をむかずに調理したものが出る…と、嬉しそうに語ってくれました。
 味噌汁も煮干しが入ったまま供されるようです。

 子供たちが大人になった時、子育てをするようになった時、家庭で学んだことが生かされればいいな…と、そんなことを思いながら、今日もお料理がんばります。

カテゴリ:つれづれ雑記 | 13:14 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://days.dice.oops.jp/trackback/1613271
トラックバック