<< 医食同源 | main | 藝大定期 邦楽第八十五回 >>
食品成分表
 前記事や前々記事とも関連することなのですが、自分がメニューを作ったり調理したりする時にいつも参考にしているのが、この食品成分表という名の冊子です。

食品成分表

 私のところでバイトしていた女の子が高校生時代に学校の調理実習で使っていたものを譲り受けて使っています。学校の授業で使われていたものなら、馴染みのある方も多いことでしょう。
 内容は次のようになっています。
  1. 646食品成分表
  2. この成分表の特色と構成
  3. 穀類
  4. いもおよびでん粉類
  5. 砂糖および甘味類
  6. 菓子類
  7. 油脂類
  8. 種実類
  9. 豆類
  10. 魚介類
  11. 獣鳥鯨肉類
  12. 卵類
  13. 乳類
  14. 野菜類
  15. 果実類
  16. きのこ類
  17. 藻類
  18. し好飲料類
  19. 調味料および香辛料類
  20. 調理加工食品類
  21. 市販食品
  22. 外食
  23. 1日の献立と栄養素量
  24. 栄養素の働き
  25. 栄養価の計算と献立
  26. 食生活の基礎知識
  27. 食品名別さくいん
 様々な食品に含まれるエネルギー量や栄養素の組成、食品の特徴などが、記載されています。
 ハンバーガーや牛丼などのファストフード、カップ麺、焼魚定食のような組み合わせメニューなどもあり、外食の多い方にも大いに参考になると思います。
 さらに、1日に必要な栄養などの量が“一般的な成人男性”という風に単なる目安として簡単に表現される場合も多いのですが、この冊子には性別年齢別はもちろんのこと、個々の体格や1日の活動の内容に応じて必要な栄養などが計算できるように、こと細かな参考資料が掲載されています。

 全てを頭に叩き込むのは至難の技ですが、時折開いて参考にするには良い資料だと思います。
 皆様もお手元にいかがでしょうか?

カテゴリ:つれづれ雑記 | 12:10 | comments(0) | -
コメント
コメントする