オープンマイクな夜
 数日前、オープンマイク…というイベントに参加する機会があった。
 オープンマイク=あまり馴染みのない言葉だが、簡単に説明すると、自分の芸事を気軽に披露出来る場…といったことのようです。(詳しくはネット検索などでお調べください)

 楽器や歌や踊りなどを好きで練習しても、なかなか他人様に披露する機会は無いものだが、こういう場があれば、それらの成果を披露することもできるだろうし、修練を積むモチベションにもなるでしょう。普段の練習とはちがった緊張の中でパフォーマンスすることで、そこから沢山のものを得ることも出来るはずです。

 そのオープンマイクという名のイベントが行われた場所は、都内某所のおしゃれなカフェ、各テーブルにロウソクの灯りがゆらゆら揺れるなかに、参加者は約30名ほどで、自分とMCとお店の方を除いてほぼ全員がそれぞれの芸を披露するといった感じでした。

 その演技者の中には、プロまがいの技術を披露する方がいる一方、ずぶの素人で公衆の面前では初めて自分の芸を披露する…といった方もいて、そういう人の中には演技を失敗して何度もやり直しする人もいたのですが、参加者のほぼ全ての方がとても温かい目で見守っていたのが、印象的でした。

 全ての芸事において同じだと思うのだが、誰でも最初は初心者で、何度も失敗を繰り返しながら修練を積み、少しずつ技術を高めていって、その道の先にしか、高度な技を習得する術は無いと言えるでしょう。
 だから皆、目の前の未熟な演技者がぎこちなくも懸命に芸を披露する姿を見て、自分の通ってきた道を思い出し、エールを送りつつ見ていたのでは無いかと思ったのでした。

中国箏の楽譜
(記事とは関係ないのですが、中国箏の楽譜)

 そのイベントの終了後、自分にやるべき一つのことがあったのだが、それが自分の思惑とはだいぶずれた方向へ行ってしまい、なんとなくほろ苦い一日の終わりとなってしまいました。

 そして次の日の夜には、交換留学生の送別会…という名のBBQ会に参加しました。
 こちらは説明が少々ややこしくなりそうなので、機会を改めて書きたいと思います。

カテゴリ:つれづれ雑記 | 10:37 | comments(0) | trackbacks(0)
狐につままれる
 昨夜、8時頃だったろうか、電話が鳴った。
 ちょっとうたた寝していて、もうろうとしながら急いで電話をとった。
 友人からの、次回のコンペの場所と時間の連絡であった。

 電話をとった時には約20%程度であったろう脳の働きが、話しているうちにちょっと覚醒してきた。
 話しながら時間と場所をメモして、電話を切るときに、妙なことに気づいた。
 手に持って話していたのが、電話機ではなかったのだ。

 くどくどと説明しなくても、次の写真を見ていただければ、私が何を手に持って話していたのか、想像がつくだろう。
 そう、私の手の中にあったのは、iPod touch だったのである。

愛機3兄弟
 左から、iPhone5s、iPod touch第6世代、iPod touch第5世代

 iPhoneiPod touchは写真でお判りいただけると思うが、サイズがほぼ同じで、ちょっと見区別がつかないほど似ている。
 似てるとは言っても iPod touch は電話器ではない。
 iPod touch は電話会社との契約はしていないので、もちろん電話番号も無いし、普通に電話器として使うのは無理なのだが、機能は備えているので、一定の条件下であれば、通話はできる。

愛機3兄弟後ろ姿
 左から、iPhone5s、iPod touch第6世代、iPod touch第5世代

 自分は携帯電話を2台持っていて、電話器としては PHS をメインに使っている。
iPhone は電話器としてはほとんど使っておらず、ここに電話がかかってくることなどほとんど無いのだが、
 たまたま昨夜電話をくれた友人に電話をかけたとき、PHS が通話圏外だったために iPhone から電話をかけたことがあったので、向こうの電話機に iPhone の番号が残っていたのだろう。

 電話がかかってきた時、同じテーブルの上に iPhoneiPod touch が置いてあって、その時は iPhone が充電中だったために、もうろうとしながら取りやすい方を手にしたので、人生初の iPod touch での通話体験になったというワケである。

 ただ、iPhone にかかってきた電話が、どうして iPod touch で受けて話せたのか、まだちょっと理解できないでいる。

 次に販売店に行く機会があったら、森保まどかさん似のお綺麗な店員さんに尋ねてみようかしら?
 ご本人は「もりやすまどかさん?知らないです」とのことでしたが…。

カテゴリ:つれづれ雑記 | 11:09 | comments(0) | trackbacks(0)
気まぐれな再開宣言
 先日、ひょんなことからある方にこのブログのURLをお知らせすることになった。

 そもそもこのブログは自己啓発のためのものだったので、リアル知人には誰にも教えておらず、ブログそのものも記憶する限りではネットで知り合った方1名に存在を教えたきりである。
 大した目的意識も無いまま、ほぼ日記代わりに書いてきたので、練った文有り、書きなぐり有り、長期無更新有り…で、他人様にどうぞ…とオススメするほどのものでもないのだが、上記のこと(読者1名確保?笑)を機に、またちょっと書いてみようかという気にもなっている。

 ずっと更新が滞っていたのは、少し言い訳させてもらうと、母の介護に掛かりきりだったために、ネタがなかった…というのもあります。介護をネタにする手もあるのでしょうが、話題が暗過ぎて、書いているうちに自分が落ち込んじゃったりするんですよね。
 改めてブログを見返してみて、去年(2017年)は一本も記事を書いていないことに気付き驚きました。

 最近、外向きに活動を始めているので、ネタには困らないはずですが、やる気の希薄なのが少々心配なところです。
 週一更新は無理でも、月一程度を目指してみようか…と思っています。

 ついで…と言ったらアレですが、ハンドルネームを変更、プロフィールも更新しました。
 そちらもよしなに。

カテゴリ:つれづれ雑記 | 13:33 | comments(0) | trackbacks(0)
ほろ酔いなう
 このところの濃密な日々。

 自分に会えて嬉しいと言ってくれる人のいる幸せを抱いて、生きてます。
 さまざま背負ってきたものを少し背中から降ろして、身も心も、ずいぶん軽くなりました。
 前回の記事に書いた「椎間板ヘルニア」は、全く症状が出なくなりました。
 不思議…。

 今週も、パワー全開で頑張ります!
 今朝まで飲んでて、まだ半分夢の中です(笑

カテゴリ:つれづれ雑記 | 12:30 | comments(0) | trackbacks(0)
2017年のふりかえり。&2018今年の抱負
 風呂の湧くのを待つ時間、去年を振り返りつつ、今年の抱負など記したいと思います。

 悲しかったこと。
 母が7月に亡くなった。91歳、老衰でした。

 嬉しかったこと。
 母との最後の時間を濃密に過ごせたこと。
 多くの人が、人生の終わりはピンピンコロリ…を理想としているようだが、ある人曰く、最後の数ヶ月の介護の時間は、親から子ヘの最大のプレゼントなのだ…と。自分の介護の経験から、これは確かにそうかも…と思えました。母がほとんど苦しむことなく、眠るように逝けたことにも安堵しました。

 大変だったこと。
 昨年の元日の朝、母が座敷で転んで再び脊椎の圧迫骨折をしてしまい、即入院。その後3月末にも骨折し、ほぼ半年の間に三度も骨折と入退院を繰り返すはめになってしまいました。春先には歩行困難となり、寝たきり状態へ。

 自分の健康について。
 健康には留意しているつもりだったが、介護疲れもあったのか、葬儀後に体調不良となり、それから間も無く頚椎の椎間板ヘルニアを発症してしまった。右肩から先の上肢の痺れがひどいのだが、老化からきているものなので治癒は難しいとのこと。先行きにやや不安もあります。

 旅行。
 母の介護から解放され、12月上旬に娘たちと茨城県へ旅行してきました。
 年末には「=LOVE」のイベントに参加すべく、お江戸まで小旅行。当日の朝思い立っての日帰りの小旅行でしたが、精神的にも肉体的にも、少しは元気を回復できたのかな?…という気持ちになれました。

 反省点。
 全てにおいて精一杯のことをしてきたつもりなので、反省点は無し…です。

 今年の抱負。
 去年と同じく、断捨離実行。健康増進。
 さらに、ここ数年あまりできなかった旅行やスポーツ観戦なども、積極的にやっていきたいです。
 一年を無事にすごせたことに感謝し、1日1日を大切に過ごします。

カテゴリ:つれづれ雑記 | 21:02 | comments(0) | trackbacks(0)
2016年を振り返る。
 朝のこまごました家事も片付き、ほっと一息。珈琲なう。
 御節の材料の買い出しなどで忙しくなる前に、今年のことをちょっと振り返ってみる。

 嬉しかったこと。
 ゴルフコンペで何度か優勝、年間でも良い成績を収めて、商品やら賞金をたくさんもらえたこと。
 新聞に何度か名前が掲載されて、ビックリ。
 ゴルフを始めてまだ数年なので腕はまだまだですが、少しずつ上達できていることが励みにもなっています。日常生活の良い息抜きににもなっているので、ゴルフ仲間には感謝しかありません。

 悲しかったこと。
 別れがたくさんあった。濃淡の差はあれ、自分の人生に関わってきた方との別れは、悲しいものです。

 大変だったこと。
 母が骨折して入院したこと。約2ヶ月の入院だったが、その間、母の部屋の模様替えをしたり、寝具などを新たなものに買い換えたり、持ち物を整理したりと、頑張りました。入院当初の1ヶ月間はほとんど毎日が雨だったのが、難儀した最大の理由ですね。

 ニューカマー。
 ノートパソコンを買ったことくらいかな?

 健康。
 自分なりに様々な努力をしたかいもあってか概ね健康にすごせました。

 旅行。
 ほとんどどこにも行けてないのが残念。
 コンサートやお芝居、美術展などにも全く行けなかった。
 スポーツ観戦も皆無。
 母の生活をサポートしている間は、自分の趣味や楽しみは、諦めざるをえないですね。
 あ、ゴルフは母がデイサービスを利用している間にやっているので、心配ご無用です。

 反省点。
 断捨離を頑張ったつもりでしたが、思い描いていたことの半分くらいしか実行できませんでした。
 やり残した分は、来年何とかしたいと思っています。

 ついでに、来年の抱負。
 断捨離実行。健康増進。あれやこれややりたいことはあるのだが、それは出来てからのお楽しみ…ということで。

 一年を無事にすごせたことに、感謝です。

カテゴリ:つれづれ雑記 | 11:00 | comments(0) | trackbacks(0)
「GET UP! 座りっぱなしが死を招く」
 新聞の書評欄から。
 記事は転載なので、次頁へ。(なぜ?)
続きを読む >>
カテゴリ:つれづれ雑記 | 23:27 | comments(2) | trackbacks(0)
<< | 2/137PAGES | >>