ネットで見かけた「避難所へ持って行くものリスト」
 先月、九州で大きな地震があった。
 被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。そして、皆様が一日も早く元の生活を取り戻されますよう、お祈りいたします。

 地震についての様々な情報が入り乱れる中、ネット上に、避難する場合に避難所へ持って行くものリストなどがアップされていたので、自分のメモ代わりに記載しておこうと思う。

 掲載されていた品目:
 携帯ラジオ、懐中電灯、乾電池、充電器、非常食、水、コップ、タオル、衣類、上着、紙おむつ、応急医療品、常備薬、歯磨きセット、毛布、ヘルメット、ライター、缶切り、ナイフ、ろうそく、メガネ、コンタクト、マスク、現金、預金通帳、保険証、スマホ、携帯電話、割り箸、スプーン、
 …等であった。

 非常時の持ち出し品は、災害の種類や状況の違いによっても大きく変わってくるから、ただ単にリストを作ってそれを持ち出せば良し…とするワケにもいかないだろう。
 できるだけ身軽にしたいので、所持品を必要最小限にするのはもちろんのことだが、あらかじめリストを作って心の備えをしておくことは、普段の自分の生活を見直すことにもつながると思うので、年に一度くらいはリストを見直したり、非常食などの点検を行いたいものである。

 上記リストには、避難所側で用意しておいた方が良いようなものもあるし、人によって使うものは違うワケだから、各々が自分に必要なものを準備すれば良いと思う。

 自分の場合だったら、不要なものは「ラジオ、懐中電灯、コップ、紙おむつ、ライター、缶切り、ナイフ、ろうそく、コンタクト、マスク、割り箸、スプーン、など。
 別のもので代用するのが、乾電池→充電池、タオル→手拭い、ヘルメット→帽子。
 付け加えたいものは、避難所と公衆電話の位置図、軍手、ビニール袋、レジ袋、小座布団、ポケットティッシュ。さらに可能であれば、ダンボール、膝がけ毛布、文庫本。

 現在の自分の状況で、89歳の母の分のリストも用意しなくてはいけないということを考えると、小さなお子様などおられる方は、ほんとうに大変だと思う。
 備えあれば憂いなし…という言葉を胸に、頑張りたいですね。

カテゴリ:つれづれ雑記 | 23:23 | comments(0) | trackbacks(0)
人生色々
 昨日からめっちゃ暖かくなった。
 車に乗っていて、ふと窓を開けたくなったほど。
 花粉が怖いので、開けないけど。笑。

 先日、ちょっとショッキングなことがあって、しばらく精神的に不安定な状態が続いたけど、少し落ち着いて来たような気がする。
 長い人生、そりゃ色々なことがあるさ。なぁ自分。
 仕事も数え切れないほどの職種を経験したし、転居もざっと数えてみたら24回、ほぼ2〜3年に一度のペースよ、我ながらびっくりぽんだ。
 これから先だって、何が起きるか判らない。
 その変化に、どう対応し、どう生きて行けるかが、人間力なのだろう。

 これはダーウィンの残した言葉らしいのだが、

 生き残る種とは、最も強いものではない。最も知的なものでもない。
 それは、変化に最もよく適応したものである。


 人生ということで考えてみれば、

 世渡り上手

 …ということなのでしょう。
 できるかどうか判らないが、頑張ってみるか。

カテゴリ:つれづれ雑記 | 11:06 | comments(4) | trackbacks(0)
諸行無常
 昨日、悲しいことがあった。
 それがショックだったのか、びっくりするくらい元気が無い。
 これからの日々ををどんな気持ちで過ごせば良いのやら…。

カテゴリ:つれづれ雑記 | 00:39 | comments(0) | trackbacks(0)
ちらし寿司
 あ、三日の話ね。
 朝昼は私と母の二人での食事だが、夕食は次女と孫娘二人の、計五人での食事である。
 三日はひな祭りということもあり、ちらし寿司を作った。
 簡単に作れるし、見た目も華やかなので、ウチではよく作るのだが、他ではどうなのだろう。スーパーなどにたくさん並べられているのを見ると、買って済ます人も多いのかな?人数の少ない家庭ではそうそう手間暇かけられないのかも知れませんね。

 作り方は簡単。
 人数分の炊き立てご飯に、寿司酢をサクッと混ぜ合わせ、酢飯を作る。(ヘアードライヤーの冷風で冷ましながらやるのが手軽に作るコツ)
 酢飯を器に盛り、上に具材を乗せれば出来上がり。

 具材セットのようなものをスーパーで売っているけど、高価だったりするので、自分の好みの物をあれこれ選んで載せれば、これがなかなか楽しい。
 盛り付けのような簡単な作業は、子供達も喜んで手伝ってくれるので、小さい子供さんのいるご家庭にはおすすめです。
 写真がなくてごめんなさい。

カテゴリ:つれづれ雑記 | 07:34 | comments(0) | trackbacks(0)
ひつまぶし(さんまの蒲焼)
 ひつまぶし。
 うなぎが高かったので、サンマの蒲焼で作ってみました。
 調理時間は、10分くらいでしょうか。

【ひつまぶし】サンマの蒲焼バージョン

 サンマの蒲焼を1.5センチ幅に切って、
 土鍋に入れて、少々の水を加え、蓋をしてレンジでチン!
 土鍋の底が暖まるくらいまで熱したら、
 そこに、炊いたご飯を加えて全体をサックリ混ぜ合わせる。

 そのまま食卓へ出して、取り分けるながら食べるも良し、
 器に盛り付けてから供するも良し。

 時間があるなら、錦糸卵や、きゅうりの甘酢漬けなど上から散らすと、綺麗に仕上がります。
 ミョウガの薄切りなども良いかも知れません。

 濃いめの味にしたい時は、水の代わりにみりんと醤油を入れます。
 もちろん、うなぎやアナゴなどでも同じように作れます。

カテゴリ:つれづれ雑記 | 11:03 | comments(0) | trackbacks(0)
「これでいいのだ!瀬尾ごはん」
新聞の紹介記事から…
 
家族を癒すシンプル料理
 ◆これでいいのだ!瀬尾ごはん(瀬尾幸子著) 見た目は華やか、手間を惜しまない豪華な料理がSNSにアップされることも多い昨今に、焼いただけ、切っただけの手軽な家庭料理を推奨する料理研究家の著書。簡単レシピ満載の実用的な一冊で、読めば料理がしたくなる。
 焼きナスや卵かけご飯など、ほとんど手を掛けずに作れる料理なのに、なぜかとてもおいしそう。「お店のような豪華な料理は食べるのにパワーが必要で、毎日食べると心も体も疲れてしまう」と説く著者にかかれば、簡単料理こそ家族を癒す腕の見せどころ。買い物のコツや素材の味を生かす保存法なども分かりやすく解説している。(ちくま新書)
 
 料理は、まずは栄養が大切。
 次に、適切な量とタイミング、そこそこの費用、少ない手間暇、これらのバランス。
 最後の最後に、味。
 それも別に激ウマ料理でなくてイイ。抵抗なく食べられる程度で、十分だと思う。

 テレビのグルメ番組などに影響されてか、子供までが「美味い」の「不味い」のと、講釈を垂れくさる。
 グルメ馬鹿なてめーらに食わせる飯なんか、作ってられっか(怒)

カテゴリ:つれづれ雑記 | 17:19 | comments(0) | trackbacks(0)
水仕事をしていて気づいたこと
 台所で洗い物をしていたら、急に体に悪寒が走った。
 こりゃいかん、ちょっと休もう…と思い、濡れている手をタオルで拭った時、手が肘のあたりまで、びっくりするくらい冷たくなっていることに気づいた。
 さてはこれが悪寒の原因か?…と疑い、ぬるま湯で手を温めてみたら、ほんの数分後に、それまで胸から背中にかけてザワザワと感じていた嫌な感触が、すっと消えたのである。
 推察するに、水で冷やされた手の内の血液が、次々と心臓に戻ってきて胸のあたりを冷やし、それが悪寒の原因となったのであろう。

 体温が1℃下がると、免疫力が30%低下するそうだ。
 これから寒さが厳しくなると、室温と外気温の温度差にも注意が必要になる。
 歳とともに免疫力も低下するのだから、これから体調管理により一層気を配りたい。

カテゴリ:つれづれ雑記 | 10:45 | comments(0) | trackbacks(0)
<< | 2/71PAGES | >>