俺の6時間を返してくれ!
 うぐぐ…。
 久々にやってしまったよ、“フリーズ”。。。オー・マィ・ゴッド!
 朝から6時間もかかって作り上げたファイルが、、虹の彼方へ、、(泣)

 途中で何回かセーブしておけばどうということも無かった筈なのに、ちょっと油断してました。
 でも、OS Xにしてからは、これほど悲惨なのは初めてかも知れない。
 それも、テキストファイルのエディターで…なんて、あんまり記憶にないなあ。

 ま、やっちまったもんは仕方が無い。
 自分がアホだったワケだから、怒りのぶつけどころも無いし。
 こうしてグチって、うっぷんを晴らすしか無いんだわさ。

 しかしなー、、また同じ時間かけて、同じ作業を繰り返すのは、ホントしんどいし、やる気が湧かないよ。
 こんなこと、百も承知の筈なのに…って、まだグチるオイラ(笑)

 皆様も、お気をつけあそばせ。ホッホッホ(涙)

カテゴリ:青いお空の白い雲 | 09:03 | comments(0) | trackbacks(0)
水道凍結で右往左往
 今朝、台所に行ったら、母の食器が汚れたまま流し台に置いてあった。
 洗い忘れたのか、その暇がなかったのか、理由はいずれにせよ、洗わないでおくワケにもいかないので、洗っておこうと思って水道の栓をひねったのだが、なんと水道の水が出てこない。
 ははーん、これが原因だったのね。

 ま、今の時期だから凍ることだってあるだろうが、台所の流しの水道は、普段良く使っており、また南向きになっている箇所なので、滅多に凍らない水道なのである。
 こらエライこっちゃ…と、この時期になるとしょっちゅう凍る風呂場の水道も一応栓をひねってみたら、こちらは何のことはなく、するすると水が出て来る。
 は?、どういうこと?

 風呂場の水道から水を汲んで流し台へ運び、洗いモノは済ませたものの、どうも納得がいかない。
 ふと、寒暖計を見たら、なんと気温“氷点下8℃”でござった。

 昨日は割と暖かかったのに、夜のうちに急激に冷え込んだので、外に露出で立ち上がっている水道管だけが凍っちゃったんだね。

 自分の食事もしなくちゃいけなかったし、別々に洗うのは余計な手間がかかるから、とりあえず自分の朝食も済ませて、母の食器と自分の食器を一緒に洗った。
 食器を洗いながら考えてみた。
 いや、普通に、面倒だな…とか。
 水道設備の整っていなかった頃の炊事のことなど思い浮かべながら、洗いものを終えた。

 現代の家庭では、家族がバラバラに食事することは、少しも珍しいことではないけれど、もし、この便利な水道が使えなかったら、家族がバラバラに食事をすることも、なかなか出来ないのではないだろうか?
 そうしてみると、核家族化も、家族の団らんが少なくなってきたのも、一つや二つの要因ばかりではなく、色々な文化や生活環境の変化があってこそ、起きて来た現象なんだろうな…と、そんなことも考えてみた。

 しかし、今日は、洗いモノをするのに、知恵、使っちゃったよ。

カテゴリ:青いお空の白い雲 | 08:54 | comments(0) | trackbacks(0)
いろはにほへと
 正月の話がでたので、かるたの話をば。

 私の好きな作家向田邦子がカルタを作ってるんですね。
 いや、原稿だけですが…。

「ちりもつもらず、あえなく倒産」

「われなべに……われブタ」

「楽あれば糖尿病」

「うそから出た厚生施設」

「くるしいときのコンサルタント」

「酒は涙か税金か」

 いやはや、絶妙ですな。
 あんまり書いて叱られるといけないので、このくらいで…。

カテゴリ:青いお空の白い雲 | 23:21 | comments(0) | trackbacks(0)
旧正月
 そうそう、これ書くの忘れてた。
 今日は旧暦の正月二日だったんだ。
 昨夜、星を見た時に、ふと思い出したの。
 去年も、一昨年も、旧暦の元旦(旧正月)に新年会やったのに、今年は色々と振り回されて、新年会をやらずじまいになっちまった。
 …というワケで、
 中国の皆様、台湾の皆様、沖縄の皆様、

 あけましておめでとうございます。

 あと、太陰暦愛好会(無いと思うけど)の皆様、
 今年もよろしく。

カテゴリ:青いお空の白い雲 | 23:19 | comments(0) | trackbacks(0)
酢の効用
 マイしょう油の話が出たついでに、もひとつ、酢の活用法。

 自分の健康法のひとつとして、掃除の時にせっせと雑巾掛けをするってのがあります。
 やっぱり体を動かすのはいいですよね。
 特別にダイエットなんてしなくても、寒い中ジョギングしなくても、部屋がきれいになる…というオマケまで付いてきちゃうんですから、お掃除しないというテは無いでしょう。

 で、そんな時活躍するのが、「酢」でス。(ォ
 バケツ一杯の水に、ぐい飲み一杯程度の酢を混ぜて、雑巾水として使います。
 酢には殺菌作用と防カビ効果があるので、「雑巾が臭くならない」、「拭いた跡にはカビが生えない」、「床や畳が奇麗になる」、…と、イイこと盛りだくさんです。
 革製品なんかも、ギュッとしぼった雑巾で拭いておくと、カビ生えなくてとってもイイですよ。

 オイラ、雑巾臭いの大っ嫌いなんです。
 日本中から雑巾臭いの追放したいんです。
 皆さんも是非使ってみてください。

カテゴリ:青いお空の白い雲 | 23:15 | comments(0) | trackbacks(0)
マイしょう油
 日本テレビで放映中のテレビドラマ「食いタン」で、主演の東山紀之さんが「マイ箸」を持って活躍中ですが、実際にマイ箸」を持ち歩いている方ってのはどのくらいいるものなんでしょうか。
 お弁当組は当然「マイ箸」でしょうから、意外と多いかも知れませんね。
 オイラもやってみようかな?

 話は変わるけど、オイラは「マイしょう油」を使っています。
 ええ、持ち歩きはしませんけど、自宅では自分専用のしょう油をつかっています。
 だからと言って、特に味にうるさいワケではありません。
 主として健康のことを考えてです。

 で、オイラの「マイしょう油」、どんな物かと言いますと、
 しょう油半分、酢半分、これを混ぜ合わせたものです。
 いわゆる二杯酢。
 これをしょう油差しに入れておき、食卓で普通のしょう油と同じように使います。
 よく、「目玉焼きにソースをかけるかしょう油をかけるか?」なんて質問がありますが、オイラはアンチソース派なので、いわゆるトンカツソースのようなものは全く使いません。出先でそれしか無い場合は別ですが…。
 ですから、卵焼きや、コロッケや、その他モロモロには、全て「マイしょう油」が活躍します。

 使い始めた切っ掛けは、一昨年、病院の検査で「血圧が高い」と言われたことです。
 高血圧の最も大きな原因は「塩分の摂り過ぎ」だそうなので、塩分の摂取を少なくしようと思って、この「マイしょう油」を工夫してみました。
 この時は、塩分の摂取を押さえるにあたって、納豆にもしょう油をかけない…というほど徹底的に制限して、ほどなく正常値にまでなりました。
 それでも刺身など、少しはしょう油を使いたいと思う時もあって、この「マイしょう油」を使うようになったのですが、塩分の少なさを、酢の酸味が補ってくれるので、意外と食べやすいです。
 それに「酢」には血圧を降下させる作用もあるそうなので、一石二鳥だなあ…なんて自画自賛しております。

 高血圧が心配なアナタ、ご主人、お父さん、などなどご家族に血圧の心配の有る方がおられましたら、是非試してみてください。
 もちろん、健康な方がお使いになっても、何ら問題はありません。

カテゴリ:青いお空の白い雲 | 23:08 | comments(0) | trackbacks(0)
二度と来ない今日を大切に
 先日の新聞に載っていた言葉です。

 貧富を問わず、学生、勤労者の別なく、神は万人に公平に二十四時間という時間を与えた。
 君はあすの時間を使うことはできない。
 きのうの時間を取り戻すすべもない。
 ただきょうの二十四時間を有効に使うことができるだけである。
 毎日の二十四時間をどう使っていくか。
 人生はつまるところ、その決算報告書にほかならない。

 天才とは天が与える1%のインスピレーション(inspiration=霊感)と彼が流す99%のパースピレーション(perspiration=汗)からなる。
 (発明王エジソン)

 少にして学べば、壮にして為すあり。
 壮にして学べば、老いて衰えず。
 老にして学べば、死して朽ちず。
 (儒学者佐藤一斎)


カテゴリ:青いお空の白い雲 | 23:03 | comments(0) | trackbacks(0)
<< | 2/34PAGES | >>